フラワーtips

ワイルドフラワーとは?

ワイルドフラワーとは?

最近『ワイルドフラワー』という言葉をよく見かけませんか? 海外旅行のツアープランにも、ワイルドフラワーを見学するツアーが計画されるようになってきました。では、ワイルドフラワーとはどんなものなのでしょうか? ワイルドフラワーって何? ワイルドフラワーとは、その名の通り、さまざまな自然環境に自生する野生の花の総称のことを言…
モダンローズ&イングリッシュ 誕生と特徴について

モダンローズ&イングリッシュ 誕生と特徴について

前回のコラム(これでよくわかる!ワイルドローズとオールドローズの分類)でワイルドローズから人の手によってオールドローズが生まれたこと、またオールドローズの系統についてお伝えしました。 今回は、私たちが良く目にする「モダンローズ」と「イングリッシュローズ」がどのように誕生したのか、またそれぞれの特徴についてお伝えしようと…
これでよくわかる!ワイルドローズとオールドローズの分類

これでよくわかる!ワイルドローズとオールドローズの分類

イギリススタイルのフラワーアレンジメントやイングリッシュガーデンに欠かせないバラ。 「花の女王」とも呼ばれるバラですが、その歴史はとても古く、たくさんの種類があります。 今回は、バラの誕生や野生種のワイルドローズ、また初期の園芸品種であるオールドローズについてお伝えしようと思います。 ワイルドローズとオールドローズ ~…
お花を買うなら何曜日?仕入れと鮮度の関係

お花を買うなら何曜日?仕入れと鮮度の関係

お花が好きでおうちに飾ったり、アレンジメントをしてプレゼントをしたいと思った時、あなたはお花を買いに花屋さんにいきますよね。 「せっかく買うんだから、新鮮なものを買いたい!」 と思っても、いざ買うとなったらどれが新鮮なのかよくわからない。 そんな声をよく聞きます。 今日は、新鮮な花がいつ花屋さんに入荷してくるのか、その…
フラワーアレンジメントのセンスがない!を解決するには?~初心者編~

フラワーアレンジメントのセンスがない!を解決するには?~初心者編~

お花が大好きで部屋に飾ってみたものの、自分が思うようなバランスでアレンジができなかったり、「何かがちがう・・」と感じたことはありませんか?「私はセンスがないから」とあきらめてしまうまえに、フラワーアレンジメントのセンスについて考えてみたいと思います。まだお花を習ったことのない人や、習い始めたばかりの方は「なーんだ!そう…
イギリスの歴史とバラ 「テューダー・ローズ」

イギリスの歴史とバラ 「テューダー・ローズ」

 高校の社会の時間、世界史で印象に残った「バラ戦争」。  ペルシア戦争、日清戦争、関ケ原の合戦…などなど、ほとんどの戦争名には地名が付けられているものが多く、また人名が使われているものもある中で「バラ」という花の名前が付けられた戦争。「バラ戦争」とは、なんて素敵なネーミングなんだと強く印象に残っていました。 薔薇戦争(…
ヴィクトリア女王様の時代のお花 2

ヴィクトリア女王様の時代のお花 2

前回の引き続きヴィクトリア女王様の時代のお話です。 アレンジメントは当然フローラルフォームはないので、当時は陶器やガラス製の穴の開いた花留めや金属台にらせん状ワイヤーがついている花留めを使っていたそうです。 今でもプラスチックや陶器の穴の開いた花留め見かけますよね。 わたしも和食のお店の活け込みで穴の開いた花留めを使う…
食べられるお花”エディブルフラワー”

食べられるお花”エディブルフラワー”

カフェでバラを注文?食べられるお花”エディブルフラワー”  数年前、朝のTVで ”バラ園のカフェでバラが食べられる” という番組を偶然見ました。  どの番組か、どこのバラ園かも覚えてないのですが、色とりどりのバラ尽くしのメニューにとても驚いた記憶があります。その後、百貨店に入っているスーパーで …
バラの季節~食器に彩られるバラたち~

バラの季節~食器に彩られるバラたち~

 5月、バラが最も美しく咲き誇る季節です。  バラは育てられ、アレンジしディスプレイされるほかに、食器や雑貨、絵画など、様々なシーンで目にすることが一番多い植物ではないでしょうか。  イギリスの食器ブランドといえば、真っ先に”ウェッジウッド(Wedgwood)”が出てきます。つい先日(2017年4月)、「ベルローズ(B…
イギリス文学と植物、花、ガーデニング

イギリス文学と植物、花、ガーデニング

イギリス文学とお花の関係 イギリススタイルのお花が大好きな私ですが、学生の頃は英文学を専攻していました。 英文学には、シェイクスピアのような伝統的な戯曲から、アガサ・クリスティーやアーサー・コナン・ドイルなどのように現代でも映像化される親しみやすい小説などがあります。 その作品の中に、お花がドラマチックに、時には面白く…
Return Top