コラム

お花を買うなら何曜日?仕入れと鮮度の関係

お花を買うなら何曜日?仕入れと鮮度の関係

お花が好きでおうちに飾ったり、アレンジメントをしてプレゼントをしたいと思った時、あなたはお花を買いに花屋さんにいきますよね。

「せっかく買うんだから、新鮮なものを買いたい!」
と思っても、いざ買うとなったらどれが新鮮なのかよくわからない。

そんな声をよく聞きます。
今日は、新鮮な花がいつ花屋さんに入荷してくるのか、その日を目指していけば新鮮な花を手に入れられる知識をご紹介いたします。

お花の入荷日は決まっている!


まず知っておいていただきたいのは、花市場は毎週月、水、金曜日にせりが行われているということ。花屋さんはだいたい週3回仕入れに行くことになります。

花の仕入れる量の多さを見てみましょう。
ブライダルが多い花屋さんは、金曜日にたくさん花を仕入れますし、日曜日がお休みの花屋さんは、月曜日が一番多く仕入れる日になります。
お花がたくさんある中から選べるように、お店の定休日を事前に知っておくのは重要ですね。

いつ買いに行けば仕入れたてのお花が買えるの?

せりは早朝に行われ、車に積んで花を店まで持ち帰り、そこから水揚げ作業をして店頭に並べます。
ですので、新鮮な入荷したての花が買えるのは、その作業が終わったあと。

具体的には月、水、金曜日の午後からだと思ってください。
大きなチェーン店などは、そこからさらに仕分けをして各地に届けるので、次の日の火、木、土曜日が一番新鮮な花が入る日だったりします。

いつお花が入荷するかは、お店の人に聞いてもよいと思います。

新鮮なお花の買い方

新鮮なお花が買いたい場合、お店の人にいつかいにきたらお花がたくさんあるのか、新鮮な花が変えるのかを聞いてみましょう。

聞き方は
「新鮮なお花がほしいので、いつきたら買えますか?」

教えていただけたら
「ありがとうございます!また来ますね!」

と、にっこり笑ってご挨拶。

お花屋さんはお花が好きな人が大好きです。
できれば同じ花屋さんで買うことをお勧めします。
いつも買いに来てくれるお客様には、いい情報を教えてくれたり、サービスしてくれたりします。

いい関係を作って、ほしいお花が買えるようになってくださいね。

お花を買うときの注意点

店頭に丈の短いブーケのように組んだり、セロファンで巻いたりして売られているものは、避けたほうがよいでしょう。
見切り品だったり、今回仕入れたから、前回仕入れたものを早く売りたい場合にそういう方法で売られています。

そういう花は2,3日で枯れてしまったり、花びらが散ってしまうことがあります。

上記のように、入荷日に気をつけて新鮮な花が買えたら、平気で1週間から10日はきれいに咲いてくれます。
冬場は10日から2週間は咲いていてくれるでしょう。

おわりに

新鮮なお花を手に入れる方法や時期がわかりましたでしょうか。
好みの色や花を置いているお花屋さんを何軒か訪ねてみて、親切に対応してくれるお花屋さんにめぐり合えたらいいですね!

お花を長持ちさせる切り方もあわせて覚えておかれると、より美しいまま咲いていてくれますよ!

谷川文江

一般社団法人Flower Works Japan 代表理事の谷川文江です。
代表理事校であるAtelier F’sを主宰しています。

服飾デザイナー、雑貨デザイナーを経て1996年アトリエフィーズをオープン。フラワーアレンジメントスクール経営をはじめ、ブライダルブーケや会場装花、ホテル、イベントディスプレイなど花仕事は多岐に渡る。ライフスタイルプランナーとして内装や間取りのプランニング、ガーデンデザインなども手がけている。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top