お花の基礎知識

はじめてでも簡単!花束のラッピングのコツ

はじめてでも簡単!花束のラッピングのコツ

お花を買ってきたり、庭に咲いている花を摘んで花束にしてプレゼントをしたい!
自分で作った花束にラッピングできれば、素敵なプレゼントになりますね。花束のラッピングに挑戦される方の参考になれば嬉しいです。

花束のラッピングの方法

今回は簡単なラッピングのコツや必要な資材をお教えいたします。

必要な資材


ラッピングペーパー・セロファン・ホッチキス・セロテープ・リボン・給水ペーパー・ビニール袋

ラッピングペーパーの準備

花束に合うラッピングペーパーとセロファンを1種類ずつ用意します。
写真で使用しているラッピングペーパーは幅65㎝、セロファンは英字柄のもので幅70センチのものを使用しています。
長さは花束の大きさに応じて変わります。長さの目安は花束をぐるっと一周するくらいです。

ラッピングの仕方

  1. カットしたラッピングペーパーをまっすぐテーブルの上に置き、花束からラッピングペーパーが少し出るように給水処理した花束を置きます。
  2. ステム(茎)が隠れるようにラッピングペーパーを折り返します。
  3. ラッピングの仕方

  4. 左右のペーパーを赤ちゃんのおくるみのようにふんわり包みます。
    ペーパーが開かないようにホッチキスで2~3か所止めます。
  5. 一番外側のセロファンは、花束の長さより5センチくらい長めにカットし用意しておきます。
    ペーパーでラッピングした花束を、セロファンの上に高さを合わせて置きます。
    端同士を少し重ね合わせるようにグルっとセロファンを巻きます。
    セロファンは花束の茎を束ねている位置(バインディングポイント)でバランスよくギャサーを取り、セロファンテープできつめに止めます。
  6. セロファンテープの上からリボンを結んで完成です。

終わりに

今回はラッピングが初めての方にもわかりやすいように、ラッピングペーパーと花束を別々にラッピングしました。
ペーパーやセロファンの色や柄を変えてみるとまた違った雰囲気になりますので挑戦してみてくださいね!

花束をもらった時のお手入れ方法はこちらでご紹介しています。
花束をもらったときのお手入れの方法とは?

FWJ神戸鈴蘭台校”Atelier June”を主宰しています。
現在は神戸市 鈴蘭台のアトリエにて、フレッシュフラワー(生花)に加え、プリザーブドフラワーアレンジメントのレッスンも開講。
2014年4月からは一般社団法人Flower Works Japan認定校としてイギリススタイルフレッシュフラワーとプリザーブドフラワーの資格コースを開講しています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top