News

More
follow us in feedly
Toggle

Atelier Cheer

東向きのベランダでガーデニングを楽しむ

東向きのベランダでガーデニングを楽しむ

アレンジするために草花を育てる庭・カッティングガーデン  ”カッティングガーデン”という言葉に魅せられてイギリススタイルを習い始めました。 カッティングガーデンとは、「アレンジするための草花を育てる庭」です。私のアトリエはマンションなので、ベランダでガーデニングを楽しんでいます。レッスンでも使えるようにホリエージに使え…
食べられるお花”エディブルフラワー”

食べられるお花”エディブルフラワー”

カフェでバラを注文?食べられるお花”エディブルフラワー”  数年前、朝のTVで ”バラ園のカフェでバラが食べられる” という番組を偶然見ました。  どの番組か、どこのバラ園かも覚えてないのですが、色とりどりのバラ尽くしのメニューにとても驚いた記憶があります。その後、百貨店に入っているスーパーで …
バラの季節~食器に彩られるバラたち~

バラの季節~食器に彩られるバラたち~

 5月、バラが最も美しく咲き誇る季節です。  バラは育てられ、アレンジしディスプレイされるほかに、食器や雑貨、絵画など、様々なシーンで目にすることが一番多い植物ではないでしょうか。  イギリスの食器ブランドといえば、真っ先に”ウェッジウッド(Wedgwood)”が出てきます。つい先日(2017年4月)、「ベルローズ(B…
第一回花農家視察研修ツアーの感想 003 千草美樹

第一回花農家視察研修ツアーの感想 003 千草美樹

これは2017年4月1日に行われた第一回花農家視察研修ツアーに参加した方の感想です。一覧はこちらからご覧いただけます。  花に携わるようになってから十数年がたちますが、花農家さんを訪れるのは初めてのことでした。今でこそネットで花農家さんの情報がわかることもありますが、生産者さんに直接お会いして商品としての花がどのように…
イギリス文学と植物、花、ガーデニング

イギリス文学と植物、花、ガーデニング

イギリス文学とお花の関係 イギリススタイルのお花が大好きな私ですが、学生の頃は英文学を専攻していました。 英文学には、シェイクスピアのような伝統的な戯曲から、アガサ・クリスティーやアーサー・コナン・ドイルなどのように現代でも映像化される親しみやすい小説などがあります。 その作品の中に、お花がドラマチックに、時には面白く…
Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.04

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.04

花の仕事を始めてわかった「人の役に立つ」「人に喜んでもらう」ということ FWJ FWJの仕組みはお役に立っていますか? 千草 本当に役に立っています! FWJ FWJに関しては設立当時から理事として関わっていただいていますが、FWJについてどう思われていますか? 千草 10年前に出会いたかった!(笑)だけどそれもタイミ…
Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.01

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.01

自分が持ったウェディングブーケがきっかけでフラワーアレンジメントを習いはじめ、設計事務所に勤務し、子育てをしながらブライダルフラワーのアシスタント、ブーケ制作などのお花でのお仕事を始められた千草先生。 一般社団法人Flower Works Japanの花仕事支援セミナーを修了されたのち、ご自身のアトリエ「Atelier…
【理事校】Atelier Cheer アトリエチアー

【理事校】Atelier Cheer アトリエチアー

“Atelier Cheer” アトリエチアー 日々の暮らしにお花を添えてみませんか? 暮らしの中に、ほんの少しお花や緑があるだけで その空間が、華やかにもなり穏やかにもなります。 フラワーアレンジメントが、暮らしを彩る身近なツールであること、 お花のある空間があることのよろこび、 お花に触れる…
Return Top