News

More
follow us in feedly
Toggle

石井純子

ヴィクトリア女王様の時代のお花 2

ヴィクトリア女王様の時代のお花 2

前回の引き続きヴィクトリア女王様の時代のお話です。 アレンジメントは当然フローラルフォームはないので、当時は陶器やガラス製の穴の開いた花留めや金属台にらせん状ワイヤーがついている花留めを使っていたそうです。 今でもプラスチックや陶器の穴の開いた花留め見かけますよね。 わたしも和食のお店の活け込みで穴の開いた花留めを使う…
ヴィクトリア女王様の時代のお花

ヴィクトリア女王様の時代のお花

少し前(といってももう8年前でした笑)「ヴィクトリア女王世紀の愛」という映画が上映されて、当時お花がどんな風に飾られていて、ブーケなどはどうなってるのかなぁと思いながら映画を観に行きました。 『ヴィクトリア女王 世紀の愛』は、2009年のイギリスとアメリカの合作映画。若き日のヴィクトリア女王の半生を描いた伝記映画である…
一度は咲かせてみたいイングリッシュローズ「アブラハムダービー」

一度は咲かせてみたいイングリッシュローズ「アブラハムダービー」

ゴールデンウィークからお庭のモッコウバラのつぼみがムクムクと咲き始めました。 植物ってすごい!と毎年感動します。 さて前回からの続きです。 モッコウコウバラに気を良くし、お次に挑戦したのが、バラ栽培家として超有名なイギリスのデビットオースチンさんのイングリッシュローズ「アブラハムダービー」。 イギリススタイルフラワーア…
第一回花農家視察研修ツアーの感想 002 石井純子

第一回花農家視察研修ツアーの感想 002 石井純子

これは2017年4月1日に行われた第一回花農家視察研修ツアーに参加した方の感想です。一覧はこちらからご覧いただけます。  実際に見学させていただいて、カーネーションもブバリアもほんとうに質が高く美しいことに感動しました!  なにより生産者さんとお話できたことは今後の活動にとてもプラスになりました。  森さんのお話で母の…
初心者にもオススメ!育てやすいモッコウバラ

初心者にもオススメ!育てやすいモッコウバラ

はじめてのグリーンにぴったりのバラ “モッコウバラ” アトリエを作った時に小さなお庭だけどバラやアレンジに使えるグリーンを育てたいと思って、初めて植えたバラが白いモッコウバラでした。 モッコウバラ(木香茨、木香薔薇、学名:Rosa banksiae)は、中国原産のバラ。種小名は植物学者ジョゼフ・…
セミナーの様子

第5期生花仕事支援セミナー開始しました

(般)Flower Works Japan理事・アトリエジューンの石井純子です。 先日の3月5日から第5期生の花仕事支援セミナーがはじまりました。 お花の仕事がしたいという夢を持つ生徒さんが、 技術を習得した後どのように仕事につなげていけばよいのかを学んでいただけることが Flower Works Japanの最大の特…
Return Top