アレンジメントの基礎講座

ダイヤモンドシェイプの作り方とコツ

ダイヤモンドシェイプの作り方とコツ

フラワーアレンジメントの基本の形、ダイヤモンドシェイプについてご紹介します。
ダイヤモンドシェイプを飾るのに適した場所や飾る場所など、活躍するライフシーンや、会場に飾るときの注意点などもお伝えします。
また、ダイヤモンドシェイプに適した花材、作り方、コツまでわかりやすく説明します。

フラワーアレンジメントの基本、ダイヤモンドシェイプ

ダイヤモンドシェイプは、真上からみるとひし形になっているアレンジです。
オールラウンド(四方見)で、どこからみてもお花が入っている状態です。

ダイヤモンドシェイプの用途

ダイヤモンドシェイプは基本の作り方をマスターすれば、自宅用にでも会場装花にも応用できるデザインです。

ダイヤモンドシェイプを飾るのに最適な場所

ダイヤモンドシェイプはオールラウンド(四方見)です。比較的細長いテーブルのセンターピースとして活用できます。

パーティー会場やホールに飾る場合

直線のラインがきれいなアレンジですので、円卓よりも四角いテーブルのセンターを飾るのに適しています。

自宅に飾る場合

食卓の真ん中に。テーブルの大きさに合わせて、高さや幅など自由なサイズでアレンジすることができます。直線がはっきりでるアレンジなのでスタイリッシュな雰囲気がでます。

ダイヤモンドシェイプに適した花材

イギリススタイルのダイヤモンドシェイプは、バラなどのしっかりした花と、茎が細めで長さのある花やグリーンを組み合わせると、とてもナチュラルな仕上がりになります。

茎が細めで長い花たち
使いやすく、花もちのいい花材を挙げてみます。

通年
カラー、ブルースター、スカビオサ
フリージア、コデマリ、グリーンベル
カラー、ベロニカ、アワ、セルリア
コスモス、チョコレートコスモス、シュウメイキク
冬~春
スイートピー、チューリップ、ストック、オオニソガラム
グリーン
茎が長めでホリエイジがとれるグリーンが適しています。
(まっすぐ直線なものが数本あればアレンジしやすいです)
アイビー、ユーカリ、オリーブ、細葉ルスカス、丸葉ルスカス、ナルコユリ、リキュウソウなど

ダイヤモンドシェイプの作り方

仕上がり参考

出来上がり寸法:60cm×35cm×高さ23cm

使用花材

  • バラ(ピーチアバランチェ)
  • スプレーバラ(グロリアスイルゼ)
  • 宿根スイートピー
  • ミニグラジオラス(ピュアベール)
  • リキュウソウ
  • アイビー
  • ローズマリー
  • 丸葉ルスカス

ダイヤモンドシェイプの制作手順

  1. 花器にフローラルフォームをセットします。
    今回は自宅のダイニングテーブルにセッティングする設定で、高さのある花器ではなく
    平たいお皿を使いました。

    花器にフローラルフォームをセットした様子

    参考:テーブルのサイズ:90cm×130cm
       フローラルフォームのサイズ:たて8cm×横10cm×高さ6cm

  2. グリーンで底辺にダイヤモンドの形をつくります。
    まず、両サイドの長さを決めてから入れていきます。

    ダイヤモンド型のホリエイジをいれる
  3. ポイントフラワーの1本目
    ポイントフラワーをフローラルフォームの中心に入れます。
    1本目の高さは、テーブルのセンターに置くので、向かい合ったときに視線が遮られないように注意します。
    ポイントフラワーを3本入れた様子
    2本目3本目はグルーピングして入れていきます。
  4. 反対の面にもポイントフラワーをグルーピングで入れます。
    両面にポイントフラワーをいれた様子
  5. 両サイドにラインの花を入れます。
    両サイドにラインフラワーがはいった様子
  6. 残っている空間に花を入れていきます。花同士の高さが揃わないように高低差をつけるように意識して入れていくと、自然な空間ができてきます。
    花同士の高さが揃わないように高低差をつけて入れます
  7. すべての花が入ったら、隙間にグリーンをうめて完成です。
    リキュウソウやアイビーの先をいれると動きがでて、よりナチュラルなアレンジに仕上がりますよ。

    隙間にグリーンを入れて完成!

プロ技!ダイヤモンドシェイプの作り方のコツ

ダイヤモンドシェイプを美しく作るには、上からみたときに底辺のラインをしっかりダイヤモンドの形にとることですが、着席して見たときにはナチュラルにトップからサイドまでつながっているように見せることです。

素敵なダイヤモンドシェイプをアレンジしてみてくださいね!

千草美樹

FWJ西宮香櫨園校”Atelier Cheer”を主宰しています。
フラワーアレンジメントが、暮らしを彩る身近なツールであること、お花のある空間があることのよろこび、お花に触れる時の楽しみを伝えていきたいと思っています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top