News

More
follow us in feedly
Toggle

コラム

アトリエの庭づくり ~土づくり~

アトリエの庭づくり ~土づくり~

 アトリエの小さな庭を作り変えて約半年が過ぎました。2016年9月終わりごろから苗を植え始め、冬を乗り越え、はじめは小さな苗ばかりだったのが今は盛んに枝葉を伸ばし、しっかりしたものに成長してきました。

 更地になったところに庭を作るにしても、プランターに新しい土を入れて作るにしても、気をつけたいのは土作りです。私は市販の「草木の土」を買って、それにさらに腐葉土と牛糞か馬糞堆肥、燻炭、赤玉土などをまぜ込んでいます。植物が育つ基本の土がしっかりしていれば、少々の病気や虫では簡単には枯れません。私の花作りはまずは基本の土作りからなんです。
 それではそれぞれの性質についてみていきましょう。

草木の土


 各社メーカーが土に腐葉土や堆肥、ピートモスを混ぜ込んで作られています。最近は初めから緩効性の化成肥料が混ぜ込んであるものもあります。
 バラの土やブルーベリーの土など専用の土も売られていますが、これは植物が酸性の土が好きとかアルカリ性に傾いている土が好きかで配合が変わるためでしょう。慣れないうちはこのような土を買い求めるのも良いですね。

腐葉土


 これは山や林で落葉した葉が堆積してできた堆肥です。腐葉土自体に栄養価はほとんどありませんが、土に混ぜ込むことにより「保水性」や「通気性」を高めてくれます。ふんわりした土は植物の根の発育を促し、結果よく育つことにつながります。

堆肥

 一般的な堆肥は牛や鶏や馬の糞をわらや草と混ぜにおいがなくなり、土のようになるまで発酵させたものです。植物が必要とする栄養素が多く含まれ、植物の成長を促します。今までの経験上、鶏糞堆肥はリンが多く含まれるようで、多めに与えると花より葉を茂らせるように思います。
 牛糞堆肥も良いですが、馬糞堆肥が今まで使った中では花も咲き、実のなる植物によく効きました。馬糞堆肥は乗馬センターなどで売っている場合以外手に入れづらかったですが、最近ではネットで簡単に買えるようになりました。

赤玉土

 無菌の土なので菌や虫が寄り付かず、水はけ、水もちは良いことから土作りには欠かせない土です。
 粒にはいろいろな大きさがありますから、大きな鉢に植えるときは大きな粒という具合に使い分けてつかいます。赤玉は小さいものだと5ミリくらい、大きなものだと1,5センチくらいの粒上になっていますから、混ぜることにより土の間に隙間ができて、根っこの成長を助けます。植物は根から栄養分を吸収しますので隙間がある土を喜びます。
 また、日本は酸性雨が降ることが多く、手を入れていない土は基本的に酸性です。赤玉土は弱酸性ですから、混ぜることで植物はより自然に近い環境で育つことができます。

鹿沼土

 栃木県の鹿沼市でとれる土で、赤玉土より酸性度が高く酸性の土が好きなサツキなどの植物の土に使われます。

化成肥料

 近年は実にさまざまなものが出回っています。なかでも花が咲きやすい環境を整える栄養素を配合したマグアンプKなどが簡単に使えて、美しい花を咲かせてくれます。容量を守って上手に使うのも良いと思います。

燻炭

 園芸店でも手軽に手に入りますが、道の駅で売っているのを見つけて初冬に買い求めました。
 燻炭は酸性に傾きすぎるのを防ぐので、土に1割ほど混ぜて使うのがお勧めです。また籾殻を炭にしているので、軽く黒い色をしています。冬場には苗の周りに1センチほどまくと、太陽の熱を吸収し保温効果があり、また保水効果もあるので小さな苗がすぐに乾燥してしまうのを防いでくれます。

 土をしっかり作ったアトリエの庭の植物は冬も元気に育ち、初夏の5月にはたくさんの花を咲かせました。いろいろ書きましたが、悩む前にまずは小さな袋のものを買ってきて植えて見てください。1回や2回の失敗であきらめないで、何が悪かったかをよく見て次につなげてくださいね。
 今年は昨年秋に挿し木をした、バラやクレマチス、ローズゼラニウムが花を咲かせました。次は挿し木について書いてみようと思います。

谷川文江
一般社団法人Flower Works Japan 代表理事の谷川文江です。
代表理事校であるAtelier F’sを主宰しています。

服飾デザイナー、雑貨デザイナーを経て1996年アトリエフィーズをオープン。フラワーアレンジメントスクール経営をはじめ、ブライダルブーケや会場装花、ホテル、イベントディスプレイなど花仕事は多岐に渡る。ライフスタイルプランナーとして内装や間取りのプランニング、ガーデンデザインなども手がけている。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top