暮らしを楽しむお花

観葉植物の冬越しの仕方

観葉植物の冬越しの仕方

室内で美しい緑を保ち、空気清浄効果もある観葉植物は、私たちの生活に潤いをもたらせてくれます。
鉢植えにしたり、花と寄せ植えにしたり、切ったものを花瓶にいれたり、楽しみ方は様々です。
観葉植物は、主に熱帯・亜熱帯原産のため、冬は室外には置かず、室内の温度も氷点下にならない程度にする必要があります。
冬の間に、枯れてしまうことの無いように、冬越しのポイントをお伝えします。

観葉植物の冬越しの仕方

室内に入れる時期と置き場所

地域にもよりますが、10月~11月、最低気温が12度くらいになったら室内に入れます。
種類によって、寒さに強いものも、霜が降りるまでに入れましょう。
葉が乾燥すると虫が付くこともあり、病気の原因になるので、エアコン等暖房器具の風が直接当たらない所に置きます。

また、夜になると室内でも気温が下がり、窓辺は放射冷却でかなり寒くなることがあります
窓辺に観葉植物を置く場合、段ボールを置いたり、植物に紙袋をかぶせるなどして保温します。
窓辺から離したところに置くと尚良いです。
比較的寒さに強い植物の場合は、エアコンなどをつけない場所に置くと気温の変化が少なく、ストレスを与えずに済みます。

日当たり


室外では日光が良く当たりますが、室内ではそうとは限りません。
日光は植物が光合成をするのに欠かせないものです。出来るだけ日光のよく当たる窓際に置きましょう。
南や東側の日差しが良く入るところが最適ですね。
日当たりの悪いところに置くと、光を求めてひょろひょろと葉が伸びてしまい、茎が弱くなります。

水やりの仕方

ウンベラータ
観葉植物は、寒い冬の間は根が水を吸い上げる速さが遅くなりますので、土壌が乾くスピードも遅くなります。
夏場と同じように水を与えていると、土壌が湿った状態が続き根腐れしてしまうこともあります。
根腐れした植物はやがて枯れてしまいます。

そうならない為にも毎日のように水を与えることは控え、土の状態を見ながら表面が乾いたら与えましょう。
水を与える時は、暖かい午前中に、常温に近い温度の水を、与えるようにし、鉢皿から出た水は捨てておきます。
また、乾燥を防ぐ為に、霧吹きなどで葉に水を与えると良いでしょう。

換気をする

暖かい室内で長く置いていると、土の中で菌が繁殖します。
風通しが悪い状態では、害虫がついたりカビが発生したり、病気になることもあります。
時々換気をして、室内の空気を入れ替え、予防しましょう。

寒さに強い観葉植物

観葉植物でも寒さに比較的強いものを、いくつかご紹介します。購入する時の参考にして下さい。
室外でも、地植え(土の中に植える)や、軒下に置くと冬越しできるものもあります。
冬が終わるころ、葉などが黄色く変色したりしていても、また春から夏に向かって新しい葉が出てきます。

品種名耐寒温度冬の置き場所
ワイヤープランツ0℃ベランダ・室内・地植え
ハートカズラ3℃ベランダ・室内
アイビー0℃ベランダ・室内・地植え
ガジュマル5℃室内
オーガスタ5℃室内
ストレチア5℃室内
ザミフォーリア5℃室内
モンステラ5℃室内
ベンジャミン5℃室内
ユッカ5℃室内
パキラ5℃室内
トックリラン5℃室内
オリーブ5℃室内・室外・地植え

おわりに

室内でも、元気に葉を茂らせて成長していく姿を見ることが出来るのが、観葉植物の魅力です。
自宅で冬越しをした観葉植物は、気温に慣れ、少し強くなっていますので、育てやすくなります。
冬を上手に越して、暮らしに潤いを与えてくれる観葉植物を、永く楽しんでいただくヒントになりましたら幸いです。

フレッシュなハーブやグリーンをたくさん摘んでレッスンできるように、庭でグリーンを育てています。
空間の美しいイギリススタイルアレンジメントの魅力を届けたいと思っています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top