お花の基礎知識

フラワーアレンジメントの花器の種類と選び方。初心者も使える基本アイテムは?

フラワーアレンジメントの花器の種類と選び方。初心者も使える基本アイテムは?

フラワーアレンジメントの花器の種類と選び方についてご紹介いたします。
初心者の方にも使いやすい基本アイテムを、実際に花仕事をしている私の経験をもとにお伝えいたします。
これからフラワーアレンジメントを学ぶ方のお役に立てると光栄です

フラワーアレンジメントの基本で使いやすい花瓶・花器

フラワーアレンジメントの基本で、使いやすい花瓶や花器の大きさは、高さ20㎝前後、幅(花器の直径)15㎝程度のものがよいでしょう。
なぜならば、フラワーアレンジメントの基本で使用するお花のボリュームに合わせると、これくらいのサイズがちょうどよいからです。
花器の形は、シンプルなものをお勧めいたします。シンプルな花器はどんなお花にもコーディネートしやすく、インテリアとなじみやすいからです。
そして、花器の色は白やグリーンなどが使いやすいでしょう。
白やグリーンはどんな色とも合わせしやすい上に、お花とのコーディネートがしやすいからです。

アレンジ例

花器の種類と選び方

花器の種類

花器お材質には陶器、ガラス、自然素材のカゴ、アイアン、樹脂でできたものなどいろいろな種類があります。
お花の雰囲気に合わせて素材を選ぶと、イメージの違った素敵なフラワーアレンジメントができあがります。
陶器やガラス素材は、高級感やエレガントな雰囲気を出しやすいですね。
カジュアルな雰囲気にしたいのであれば、自然素材のカゴなどを使うと可愛くナチュラルな雰囲気に仕上がります。
アイアンや樹脂の花器は、少し個性的で、デザイン的なアレンジができますね。

テーブルに飾るアレンジは、座った時に向かいの人の顔が隠れないように、低めの花器や細長い花器を使うと良いでしょう。
テーブルの大きさに合わせて、小さめのガラス花器を2、3つ並べて、小ぶりのハンドタイドブーケを飾ってもおしゃれです。
花器に絵や柄が入ったものは、お花とのバランスが難しいので、初心者の方は無地をおススメします。

夏の暑い時期には、ガラス花器にハンドタイドブーケを入れると涼し気で、花持ちも良いですね。

壁を背に飾る、3方見などのアレンジは、デザインに合わせて花器の高さを決めます。
ホライゾンアレンジのように背の低いアレンジの場合は、アレンジの特徴が生かせるように高さが低く、平らな花器を使います。
トライアンギュラーやクレッセントのような高さのあるものは、高さのある花器を使うとアレンジが引き立ち、バランスも取りやすいです。

フラワーアレンジメントは、花器とお花を合わせたバランスが重要です。花器の色や大きさ、高さは、お花の色に合わせてコーディネートしてくださいね。

おわりに

花器はお花や飾る場所の雰囲気に合わせて、大きさや色、素材を選ぶことが大切です。
フラワーアレンジメント初心者のあなたは、上記のようなベーシックな花器を使われると、フラワーアレンジメントの基本デザインを作りやすいですよ。

FWJ神戸鈴蘭台校”Atelier June”を主宰しています。
現在は神戸市 鈴蘭台のアトリエにて、フレッシュフラワー(生花)に加え、プリザーブドフラワーアレンジメントのレッスンも開講。
2014年4月からは一般社団法人Flower Works Japan認定校としてイギリススタイルフレッシュフラワーとプリザーブドフラワーの資格コースを開講しています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top