コラム

定年後女性として生きがいを感じる仕事。イギリスとフラワーアレンジメント教室

定年後女性として生きがいを感じる仕事。イギリスとフラワーアレンジメント教室

結婚されてる女性は50歳くらいになると子育てがほぼ終了して、子供たちは大学生?社会人?
あるいはすでに結婚されてるかもしれませんね。

このくらいの年齢になると、子育てと仕事で時間に追われていた日々に徐々に余裕が生まれて、自分の時間も持てるようになります。
そしてふと、この先子供たちが巣立った後どんな人生を送ろうかなぁ、と考えたりします。

定年後の女性の生きがいの見つけ方 私の場合

私は50代前半に、60歳以降は夢中になれるような好きな事をして過ごしたいと強く思うようになりました。
夢中になれる好きな事を生きがいにして…

好きなことを棚卸して考える

夢中になれる好きな事、私の夢中になれる好きな事って何?
まずはここから考え始めました。

独身時代から長い間続けていた茶道、今も大好きです。
実は1年ほど前にどうしても茶道を再開したくて、定年まで待てず始めました。
以前に教えていただいていた先生が年賀状を下さったのをきっかけに。

茶道のお稽古中は、日々の忙しさとかそのほか色々なことを忘れて無になれる時間です。
ところが、フルタイムでは働いている私には時間を合わせるのが難しく、今またお休み中です。

次に結婚後、子供たちがまだ小さかった頃に習っていたパッチワークにトールペイント。
楽しくて好きでしたがどちらも極めるまでには至らなく、いつか時間が出来たら再開したいと思っています。
パッチワークの布が大好きでまとまった時間が取れれば大作を作りたいです。

最後に20年以上前に庭のある家に引っ越してからは、虫嫌いだった私が徐々にガーデニングにもはまってしまい、仕事を辞めたら毎日庭いじりをして、丁寧に植物をそだてたいと思っています。
そして、そのころからいつの日かは育てるのが難しいと言われているバラを育てたいとも思い始めました。

6年前の家のリフォームをきっかけに、庭にまず5株ほどのバラを植えました。
バラはお嬢様のように手がかかると教えられましたが、なるほど、日々の手入れがかかせません。
(すぐ病気にかかるし、肥料もたくさん必要です。なかなか美しく咲かすのは難しいです。)

それでもますますバラの魅力に取りつかれ、バラについて色々と調べているうちにイングリッシュガーデンにたどり着きました。

イングリッシュガーデンとは、自然をありのままに取り入れたイギリスの庭園でそこにはバラが欠かせません。
イギリスで生まれたイングリッシュガーデン…今度はしだいにイギリスの魅力に惹かれていきました。

そしてイングリッシュガーデンのみならず、イギリスに関する全てのことに夢中になっていったのでした。(英語は喋れないのですが)

茶道もパッチワークもトールペイントも好きですが…一番大好きな事、夢中になれる事は
そう!“イギリス”と“バラ”

こうして私は今後夢中になれる好きな事を見つけました。

好きなことが見つかったら行動に移す


60歳を目前にして、まずはイギリスの文化に触れられる何かないかなあと探す日々が続きました。

そして3年前、とうとうインターネットでイギリススタイルのフラワーアレンジメント教室を発見しました。
イギリススタイルでバラの花をアレンジする。まさに私の好きな事にピッタリ!

さっそく先生のブログをしっかりと読み込んで、ワクワクした思いで体験レッスンを申し込みました。
この時点で私は夢中になれる好きな事が仕事につながるとは全く考えていませんでした。

定年後には好きなことを仕事に!それが生きがい

先生のブログではフラワーアレンジメントの資格を取って仕事ができるとうたわれてましたが、当初私は全く仕事にする気はありませんでした。

それでも体験レッスンの後、資格コースを選択し通い始めました。
どうせ資格を取得しても生かせないのではと思っていましたが、フラワーアレンジメントの技術をしっかりと身に付けるには資格コースのほうがいいと思ったからです。

そして我が家の庭で咲かせたバラを使ってアレンジ出来るようになる。まさに私の理想です。

この年に初めての念願のイギリス旅行にも行けました。

レッスンを始めてからしばらくは60歳を過ぎてからは週に3日くらい働きながら、私の好きな事“イギリス”と“バラ”について知識を深めて、できればイギリスにイングリッシュガーデンを見に行こう、なんて漠然としたセカンドライフを考えてました。

それがゆっくりとですが、イギリススタイルのフラワーアレンジメントを仕事にすればもっと深くイギリスやバラに関わることことができるのではと。
そして自宅でイギリススタイルのフラワーアレンジメント教室を開きたいという思いに変わってきました。

生きがい、夢中になれる好きな事を仕事に出来ればそれがBEST!

定年後の新しい仕事のために資格を取得する

その後はイギリススタイルのフラワーアレンジメントの資格を取得するためにレッスンに通い、技術の向上に励みました。

フルタイムで働いている間に資格を取得するのはなかなか大変かなと心配でしたが、資格取得を目指されている生徒さんの多くが毎日仕事されていてビックリしたと同時に安心しました。
本当に時間は作るものでなのですね。

私には3人の子供たちがおり、資格取得の勉強中に子供の結婚、孫の誕生とイベント盛りだくさんでしたがなんとかなるものです。
また子供たちは少しずつ私のセカンドライフのプランを話しており、今では3人ともよく理解してくれてます。

終わりに


2年前には先生と一緒にイギリスに行けました。
そして先生が毎年行かれてたイギリス、バースのフラワースクールでレッスンを受けさせてもらいました。イギリス人先生の教え方を知ることが出来た貴重な体験でした。

それからフラワーアレンジメントの教室を開くには60歳ではちょっと遅いかなぁ、と心配してましたが、実際に定年後に開講して活躍されてる先生がおられたので非常に心強かったです。

ますます夢中になれそうな“イギリス”と“バラ”

今年も先生と一緒にイギリスに行けそうで、イギリスの文化に触れてきたいと思ってます。
庭のバラは相変わらず、なかなか美しくは咲いてくれませんが今年の春こそは!と今は思っています。

レッスンを始めてからから約3年。
この春には退職して、そして教室を開講できそうです。
大好きな”イギリス“と”バラ“に関わりながら…

濱口圭子

バラに憧れて、イギリスに憧れて、イギリススタイルのフラワーアレンジメントを現在習得中です。
まもなく(2018年春)兵庫県川西市の自宅で教室開講予定です。
“日々の暮らしにイギリスとバラを・・・”をモットーに自宅の庭のグリーンも使って自在にイギリススタイルのフラワーアレンジが出来る楽しさを伝えていきたいと思います。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top