お花の基礎知識

リビングにお花を飾ろう

リビングにお花を飾ろう

自宅にお花を飾るなら、家族が集まりお客様を通す機会もあるリビングはいかがですか。
リビングは一日の多くを過ごす場所です、お花を飾るだけで華やかな空間になり暮らしに彩を加えてくれます。
リビングに花を飾る際に特に気を付けたい点、注意事項などを紹介していきます。
花を飾るのは初めてという人も、ぜひ参考にしてみてください。

お花の飾り方・リビング編

人が集まるリビングに花を飾る時は、家族に花粉症等アレルギー症状がいないか確認し、特定の植物にアレルギーがある場合はそれを避けるようにしましょう。
特に花粉が飛び散りやすいユリ科の花などは注意が必要です。
また、ジンチョウゲ、クチナシ、キンモクセイといった香りの強い花をリビングに置いてしまうと、食事の際に香りが邪魔になってしまうことがあります。
お花を購入する時には、花の扱い方や性質を花屋さんに相談するのもいいですよ。

リビングに飾るアレンジメントのデザイン

背の低い家具なら花は高さのあるデザインに、背の高い家具なら視線が少し下になる小ぶりの花を飾るとバランスがよく見えます。
ダイニングに飾る時は、イスに座った状態で邪魔にならないように、小さめのお花や背の低いデザインのアレンジもおすすめです。

クレッセントアレンジメント

三日月やクロワッサンを意味するクレッセントアレンジ
クレッセント、トライアンギュラーなどはフェイシング(一方見、1つの方面から見ること)と呼ばれるデザインで、壁際などに飾ることで花の顔が引き立つアレンジメントとなっています。
壁際のコンソールや、ローテーブルなどに飾るのがおすすめです。

オールラウンドアレンジメント

横から見たらドーム型で上から見たら円に見える可愛らしいデザイン
360度、どこから見ても楽しめるようなデザインはオールラウンド(四方見)と呼ばれ、食卓などに飾ることが多いです。

インテリアとお花

リビングはある程度広さのある空間なので、インテリアのテーマカラーと同じ色味や相性の良い色を選ぶと、インテリアに馴染じみます。
置く場所は家具との高さやボリューム感なども考えて決めましょう。
我が家では、チェストやリビングボードの上に置いてお花のある暮らしを楽しんでいます。

自分自身で花を買ってぜひ花がある暮らしを楽しんでみて下さい。

AtelierCorollaを主宰しています。
西宮市の自宅アトリエにてイギリススタイルのフラワーアレンジメントを通して作る楽しさとお花のある暮らしをお伝えしたいと思っています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top