イベント報告

2019年3月10日 第9回ランチミーティングのご報告

2019年3月10日 第9回ランチミーティングのご報告

ランチミーティング活動報告

2019年3月10日(日)、ホテル竹園芦屋にて一般社団法人Flower Works Japan第9回ランチミーティングを行いました。

内容は、ランチをはさんで、「資格が役に立った瞬間」をテーマにしたトークセッション、代表理事谷川によるレッスン課題デモ、認定書授与式と盛りだくさんで充実した時間となりました。

ランチミーティング開催の目的

フラワーアレンジメント教室を開校した先生方や、ギフトショップをオープンした先生方の情報交換の場とすること、
また、開校を果たした先生が、新しく始めた方に道のりやポイントを教えてくれる場になることを目的としています。

トークセッション

今回のトークセッションは、各教室が発展し、教室運営や花仕事を推進するために、あなたの問題解決のヒントを得る場とすることを目的にしています。

ランチミーティング

トークセッションでは複数のグループに分かれ、「資格が役に立った瞬間」をテーマにそれぞれの意見を交換しました。 

今回のトークセッションは

まずは小グループに分かれて話し合い、そしてそれぞれのグループででた内容を共有しました。
今回は新たに入会された会員さんも多数いらしゃったので、テーマ内容についてのトークセッションはもちろんですが、新会員さんが既に開校している先生方に、不安や疑問を1時間たっぷりと聞くことのできる良い機会となりました。

トークセッションの感想

アトリエジューン所属 兵庫県神戸市北区在住 女性

今回のミーティングは、私にとって初めて他の教室の方々とお会いする機会だったので、最初は「どのようなお話ができるか」と、少し不安でした。
しかし、トークセッションを通して、「同じ目標を持ち、教室開講やショップ開業にむけて頑張っている仲間がいる」という安心感を持て、資格や仕事に関して具体的なお話を気兼ねなくすることができました。
特に、「学生時代から培ってきた今までの知識や技術を、フラワーアレンジメントを通じて活かしている」というみなさんの実体験を聞けたことは、とても有意義でした。
例えば、陶芸技術がある方は、オリジナルの花器とフラワーアレンジメントを一緒に提案販売することを目指されていました。
また、農業を学んできた方は、就農して花農家になり、自身で作った花を使ってフラワーアレンジメント教室の開講を目指されています。
バックグラウンドはそれぞれ違っても、お花を通じて同じ目標を持つ仲間になるということは、開業後も支援してくれるFWJならではの面白さだと思います。
私も、今後自分なりにどんな風にフラワーアレンジメントと関わっていこうかな?と具体的に考える良いきっかけにもなりました。
今後、資格を取って開業する上で、自分ひとりだと問題にぶつかって思うように進めないこともあるかと思います。
そんな時に、同じ道を歩いてきた仲間がいて相談できるトークセッションのような機会があるということは、とても頼もしく、問題解決の確実な手助けになるように感じました。

アトリエフィーズ所属 兵庫県宝塚市在住 女性

トークセッションでは、初めてランチミーティングに参加される方が数名いらっしゃったので、日ごろ感じている質問に対して、
資格を取得された生徒さんや、教室を開講している先生方が答える質疑応答をメインに行いました。
前回は質問する側でしたが、今回、私は質問に答える側になりました。質問に答えることを通して、自分の思いや、自分のしてきたことを再確認することができました。
一人では分からないこと、気づかないことも、人が集まると、分かったり、気づいたりすることができると思いました。

トークセッションの様子

話し合いで得たもの

目指している方向は同じなので、共感できる部分がたくさん出てきます。
「みんなもそう思ってたんだ。」っていうことが分かれば、悩んでいるのはあなただけではないと救いとなります。
でも、そこで得るのは情報だけではありません。
「みんなでお花を仕事にしていくんだ!」という同じ方向に向かって進んでいるという繋がりや結束感も生まれています。

「みんながみんなのために」という、FlowerWorksJapanの行動理念を実感できた学びの多いランチミーティングになりました。
一つ一つの積み重ねが、そしてその繋がりがFlowerWorksJapanを揺るぎないものにしているように思います。

デモンストレーション

今回のデモンストレーションは、趣味で習いたい生徒さん向けてエレガントクラシックアレンジを代表理事の谷川がレクチャーをしました。

ハンドタイドブーケ

ハンドタイドブーケは、握りこぶしくらいある大きなバラのオールフォーピュアと、繊細な春の花を合わせました。
太い茎と繊細な茎の組み方のコツやポイントを学んでいただきました。

使用花材
  • バラ オールフォーピュア
  • ルピナス
  • ブルースター マーブルホワイト
  • チューリップ
  • フランネルフラワー
  • パンジー
  • バラ 
  • アルストロメリア 

エレガントクラシック

エレガントクラシックスタイルアレンジは、試験科目の基礎を使いながら、エレガント感を残しながら、よりナチュラルなデザイン表現を学んでいただきました。

使用花材
     

  • バラ クリスタルドレス
  • ルピナス
  • ブルースター マーブルホワイト
  • フランネルフラワー
  • パンジー
  • アルストロメリア ブライズメイド 

今後エレガントクラシックスタイルを教えることができる教室が増えていきます。
イギリススタイルの上品でありながら、伸びやかでナチュラルなアレンジがあなたのおうちに飾られるシーンを楽しみにしています。


自分らしい花仕事の実現のために。
各地で活躍する先生たちがこれからもがんばっていただけるよう
さらなる活動の場を広げていきたいと思います!

日時
3月10日(日)
11:00~14:00
受付10:30~
場所
ホテル竹園芦屋
〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町10-1
連作先
ホテル竹園芦屋/0797-31-2341
当日緊急連絡先/090-7888-9568(FWJ代表)
料金
¥5,500(税込)
ゲスト¥6,000
FWJ事務局

一般社団法人Flower Works Japan事務局兼編集部です。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top