News

More
follow us in feedly
Toggle

イベント報告

2017年9月24日 第6回ランチミーティングのご報告

2017年9月24日 第6回ランチミーティングのご報告

ご報告

2017年9月28日(日)に、ホテル竹園芦屋にて一般社団法人Flower Works Japan第6回ランチミーティングが行われました。

ランチミーティングでは、先に開校した先生方は情報を公開し
後に続く後輩先生方の力になっています。

後輩を育てる意識が自分を育てることを理解していただいて
みんなで実践していることです。

資格を目指す生徒さんや開校を目指す生徒さん、そして開校された先生のみなさんを対象に情報交換やトレンドの研究、認定証授与式などを行いました。
新たに参加された方もいらっしゃり、新鮮な顔ぶれでの会になりました。

パネルディスカッション

 パネラー
  Atelier Flower Waltz 主宰 丹羽充代先生 / Atelier HARUNA 主宰 春名裕美子先生 / Atelier Yuki 主宰 多田幸美先生
 コーディネーター
  Atelier Corolla 主宰 小林利枝先生
  (それぞれブログにリンクしています)

Atelier HARUNA 主宰 春名 裕美子先生

春名さんは、
お料理教室と平行して、お花の教室も9月初旬に開校されました。

体験レッスンの申し込みもあり、
順調なスタートを切られていますが
並々ならぬ努力をされています。

Atelier Yuki 主宰 多田 幸美先生

多田幸美さんも、
その持ち前の明るさが発揮され
信頼のおける仕入れ先さんを確保されました!

Atelier Flower Waltz 主宰 丹羽充代先生

10月開校予定の丹羽さんは、
家族の応援を取り付け、とても明るい表情での発表でした!

皆さん、資格をとったあとも
開校までに色々な面で、工夫・努力されていることが手に取るようにわかります。

「前に立って話しても、逆に教えてほしいことがある」

という言葉から、皆さん共通に悩まれていることの
ディスカッションになり、いくつかのアドバイスがでていました。

デモンストレーション


今回の谷川代表理事のデモンストレーションでは、違ったタイプの2種類のブーケがテーマになりました。
キャスケードタイプのハンドタイドブーケと、トレーディングオーバルのブーケです。

形にこだわったハンドタイドブーケの提案ということで、
ハンドタイド(手で束ねる)ブーケをキャスケードやオーバルで束ねる新しいスタイルを提案しました。

オールラウンドだけでなくイロイロな形がハンドタイドブーケで出来ることを知ってもらいたくて。
お花のデザインも日進月歩。どんどん新しいスタイルを取り入れていきたいですね!

ピンクのキャスケード

バラ ドルチェヴィータ
   ピンクアバランチェ
トルコキキョウ エグゼラベンダー
クレマチス ミスあやめ
リキュウソウ

白いトレーディングオーバルブーケ

バラ グリーンハート
アジサイ ミニグリーン
オーニソガラム アラビカム種 サンデルシー
リキュウソウ

自分らしい花仕事の実現のために。
各地で活躍する先生たちがこれからもがんばっていただけるよう
さらなる活動の場を広げていきたいと思います!

日時
9月24日(日)11:00~14:00
場所
ホテル竹園芦屋
〒659-0092 兵庫県芦屋市大原町10−1
ナビゲーター
代表理事 谷川文江
理事 石井純子
理事 千草美樹
報告講師
Atelier Flower Waltz 主宰 丹羽充代先生 / Atelier HARUNA 主宰 春名裕美子先生 / Atelier Yuki 主宰 多田幸美先生
FWJ事務局
一般社団法人Flower Works Japan事務局兼編集部です。
URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top