インタビュー

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.03

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.03

失われがちな「達成感」を味わってもらいたい

FWJ
レッスンをする上で大切にしていることは何ですか。
千草
私が体験レッスンを受けた時みたいに、私が持っている知識や経験をできる限り提供したいと思っています。
時間を空けて来て下さっているのですごく有難いし、来て頂いたからには充実した時間を楽しんでほしいと思います。
レッスンであんなことが出来た、こんなことが出来たって感じられたら、気持ちもプラスになると思うし。
達成感を味わえるか味わえないかで全然日常の楽しさって違うと思うんです。
FWJ
「お花を通じて達成感とか充実感を味わえる空間にする」というのを大切にしているということでしょうか?
千草
やった!自分にも出来た!って感じてもらえたらと思います。レッスンってアトリエや先生ごとに雰囲気とか特色が違いますよね。私は私のカラーで明るい楽しい雰囲気が出たらいいなぁと思うんです。資格取得を目指す方にはフルサポートいたしますし、趣味の方にもご希望に沿ったレッスンをご提供致する、そんな教室を目指しています。

「花」が中心にあるだけで、コミュニケーションが広がる!

FWJ
現在取り組まれているお仕事の中では何が一番好きですか
千草
レッスンが好きです。とても楽しい時間です。でも実は、私はすごい人見知りなんです。特に自分から声をかけるのとかが苦手で。
だけど、お花を始めてから人と会うのがすごい好きになってきました。間にお花があるだけで、こんなに話が尽きないのねって。
今までこんなこと無かったから自分でも驚きです!
FWJ
お花の力は偉大ですね!
千草
偉大ですね!レッスンに来てくれる人と私の共通するものはお花。共通のものがあるだけでこんなに楽しく過ごせるんだって思います。
だからと言ってお花の話ばかりしているわけじゃないんですよ。日常の他愛もない話とかもいろいろ話します。
特に体験レッスンに来られる方の事前情報は、お名前と住所だけだからどんな人が来られるかドキドキしますね。
いざお会いしてみたらすごく楽しくレッスンが出来たり、話が楽しく続いたりして、和やかに楽しい時間を過ごせています。そうやって誰かと繋がりを持つことって今までの私には無かったんです。レッスンするようになってから、人との繋がりが面白いです。
FWJ
お花を教えるスキルだけでなくて、コミュニケーション能力まで高まってきたんですね。
千草
コミュニケーションって、お花を教えたり学んだりすることより大事なことだと気がつきました。この間、レッスン風景を撮ってもらったんですけど、どの写真を見てもみんな笑顔で嬉しかった!
どの人からも楽しい雰囲気が伝わってきて、私自身も楽しかったです。
いい意味で肩の力がちょっと抜けましたね。やっぱりそれは、何年か経験してきて身に着いた力だと思います。
FWJ
「先生」が板についてきたんですね。
千草
アレンジメントもずっと勉強してきたので、そこに関しては少し余裕が出てきたかもしれません。最近はコミュニケーションに重点をおいても大丈夫かなと思えるようになりました。
教えるのに必死で周りを見る余裕の無かった私自身が、笑顔で楽しめるようにりました。それはいろんな場数を踏んできたし、いろんな経験をさせていただいたからだと思っています。

ランチミーティングで司会を務められた千草先生
FWJ
印象に残っているに自身のついた経験はありますか
千草
セミナーでの勉強はもちろん、パーティーの司会をやらせていただいたり、公民館でのレッスン紹介してもらったり、いろいろありますね。
特に公民館レッスンは1度に15名の方へフレッシュフラワーアレンジを教えることになって、すごく緊張しました。でも緊張はしていたけど、
自分に余裕を持って挑めました。自分の技術に自信を持てるようになったからかな。FWJで本当にいろんなことを学ばせてもらっています。
FWJ事務局

一般社団法人Flower Works Japan事務局兼編集部です。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top