インタビュー

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.01

Atelier Cheer 千草美樹先生インタビュー vol.01
Profile image
Atelier Cheer主宰
受講可能科目:フレッシュフラワー/プリザーブドフラワー
兵庫県西宮市
認定校紹介
Atelier Cheer Website
Atelier Cheer Blog

千草美樹先生 プロフィール

自分が持ったウェディングブーケがきっかけでフラワーアレンジメントを習いはじめ、設計事務所に勤務し、子育てをしながらブライダルフラワーのアシスタント、ブーケ制作などのお花でのお仕事を始められた千草先生。
一般社団法人Flower Works Japanの花仕事支援セミナーを修了されたのち、ご自身のアトリエ「Atelier Cheer」をオープン。現在、素敵なお花とともに笑顔があふれ、有意義な時間を提供できればと精力的に活動されています。また、一般社団法人Flower Works Japanの理事としても力を発揮していただいています。

Atelier Cheer
兵庫県西宮市
tel / 080-3112-3166
主宰 千草美樹
Atelier Cheer ブログ

 

Atelier Cheer 千草美樹先生

(インタビュアー:FWJ事務局 谷川詩織/谷川彩絵)
FWJ
今日はAtelier Cheer主宰、一般社団法人Flower Works Japan理事の千草美樹先生にインタビューさせていただきます。初めに自己紹介をお願いします。
千草
フラワーワークスジャパン所属、西宮市香櫨園校アトリエチアーの千草美樹です。
プリザーブドフラワーアレンジメントや、イギリススタイルのフレッシュフラワーアレンジメントを学べる教室を、自宅と貸し教室で開いています。教室のほかにも、生花やプリザーブドフラワーのギフト販売を行っています。

ウェディングブーケがきっかけで、アレンジを習い始めた

FWJ
現在お花の仕事をされていますが、お花やフラワーアレンジメントに興味を持ったきっかけはなんだったんですか?
千草
自分の結婚式でブーケを主人の叔母に作ってもらったんです。ブーケのお花を選びに一緒に花屋さんに連れて行ってもらったりしたのがとても面白かったんです。それで叔母に両親贈呈用の花束と両家のへのブートニアを私が作れますかって言ったのがきっかけです。結婚式当日、自分でブートニア作ったんですよ。白無垢に角隠しを着た状態で。あれがアレンジメントの第一歩だったのかなと思います。
FWJ
ブーケのお花を買いに選びに行かれていかがでしたか?
千草
すっごく面白かった!いろんな種類のお花があって。その時、バラとか菊とかいう名前は知ってたけど、それに一つ一つ品種名がついているのを初めて知ったんです。
FWJ
結婚式の時のブーケはどんなものを持たれたんですか?
千草
実際のブーケの押し花

オレンジのバラにデルフィニウムのベラドンナが入ってる、オレンジとブルーのブーケ。それにアイビーも入れてもらったナチュラルなブーケで、自分のウェディングドレスによく似合っててすごく嬉しかったです。お花への興味もすごく深まりました。


FWJ
素敵なブーケだったんですね!結婚式がきっかけでお花に興味をもたれたということなんですが、お花を仕事にされたいと思ったのもその時だったんですか?
千草
仕事をしたいと思うまでには、すごい時間が掛かっているんです。
ブーケの件があって、アレンジメントを習いたいと思ってから一年ぐらい経って、アレンジメントを習い始めました。教室でブーケの作り方を学んでいる時に友人の結婚式があって、私に作らせてってお願いしたこともありました。ブーケを作るのもすごく楽しかったし、出来上がったブーケを友人がすごく喜んでくれたのを見て、あぁ、お花の仕事っていいなぁって思いました。
本格的に教室とかお花の仕事したいなぁって思いだしたのは、次女が保育園に入った頃。
それまでは設計事務所の仕事をしていて、そのまま仕事を続けることも出来たんだけど、何かお花関係でお仕事したいなと思って。

アレンジが作れるのに…「資格がない」という現実

FWJ
お花の仕事をやりたいと思ってから、どんなことしましたか?
千草
まず、就職情報誌を見てお花の求人を探しました。その中でお花を扱っている会社に面接に行ったんだけど、お花関係の資格が無かったから、履歴書の欄に書けることが何ひとつ無かったんです。面接に自分が作った作品を持って行ったんですけど、その時に
面接官の方に言われたことが今でも忘れられないんです。「これだけのものが作れても、資格欄に取得資格が一行あるのと無いのでは説得力が違うんです。」って言われて。その時で10年くらい続けていたのに、この10年間何してたんだろうって思って。
でも、今思うと面接官の方があの一言を言ってくれて良かったと思います。
FWJ
それはショックですね。でもその一言が、改めて資格を目指したり勉強するきっかけになったんですね。
千草
ショックでした。
でも履歴書って重要なんですね。相手(面接官)は私のこと全く知らない。そこにどれだけの私の情報が書いてあるとか、どれだけの経験を積んできたかっていうのはその紙一枚でしかわからないんですよね。ということは、仕事をするには資格は持っておいた方がいいなと思って。資格を取れる教室を探し始めたんです。

FWJ
アトリエフィーズをお選びいただいた理由はなんですか?
千草
当時子供がまだ小さかったし、できるだけ家の近くと思って探したらアトリエフィーズさんを見つけました。
幼稚園の送り迎えの時にアトリエの前を通ってたんですけど、そこがお花の教室って知らなくて。
ホームページの地図を見たら、ここだったんだって(笑)
まさか教室に通い始めて数年後、こんなに人生が変わってるとは思ってもいませんでした。
FWJ事務局

一般社団法人Flower Works Japan事務局兼編集部です。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top