インテリア/ライフスタイル

新鮮なお花の見分け方

新鮮なお花の見分け方

お花屋さんにあるお花の中でも、新鮮なものを選ぶポイントをお伝えいたしますね!
新鮮なお花を選べるようになって、お花を長く楽しんでみませんか

お花も野菜を選ぶように新鮮なものを買いたいですよね

お花屋さんにあるものは、その日に入荷したものばかりが並んでいるわけではありません。
新鮮なお花を選ぶには、入荷日とお花の見分け方を知っていると賢くお花を買うことができますよ。

仕入れてすぐのお花は新鮮

イギリス リバティの花屋さん

仕入れたてのお花は新鮮です。お花屋さんが仕入れをするのは月・水・金です。その日に市場でセリがあるからです。

仕入れをしたお花が店頭に並ぶ時間は、お店によって様々です。個人店でしたら仕入れをして、すぐに水揚げして午前中に並ぶところもあります。
数店舗あるお花屋さんでしたら、仕入れてから各店に配送して、各店で水揚げしてから店頭に並ぶので、その日の午後や火・木・土の朝に並ぶこともあります。
ですので、お店の方に「いつ来たら新鮮なお花が買えますか?」と聞いてい見ると良いですよ。

お花屋さんが教えてくれたら「ありがとうございます。また来ますね!」と言って、教えてもらった曜日にそのお店に行ってくださいね。
何度も来てくれるお客様にはより良いものを提供したい!と思ってくれますので、お勧めのお花を教えてくれたり、質の良いお花を選んでくれたりしてくれます。

新鮮なお花はどこを見ればよい?

イギリス バースの花屋さん 路上に出店されています

とはいってもタイミングよく月・水・金に行けないこともありますよね。そういう時に新鮮なお花を見分けるポイントをお伝えしますね。
具体例をいくつか出してみましょう。

バラ

開花していない状態で、花弁がしっかりしているものを選んでください。
品種によっては入荷してきたそのままの状態で変わらないものもありますが、新鮮なバラは花弁がしっかりしていますのでほかのバラと見比べてみてください。
そしてバラの花全体がプカプカしているものは、入荷してから日にちが経っているものです。お花を触る場合は傷つけないように優しくそっと触ってみてください。
乱雑に扱うとお花が痛みますので、お花屋さんも困ってしまいますので気を付けてくださいね。
夏場に冷蔵庫に入っているバラは、あまりお勧めしません。入荷してから数日たっているものも冷蔵庫から出したその時にはきれいですが、持って帰ってすぐに萎れてしまうということがあります。
夏場に冷蔵庫に入っているバラを購入される時は、お店の方に「いつ入荷したものですか?」と聞いてみると良いと思います。

ガーベラ

ガーベラは入荷したてものは茎が長く、固くてしっかりしています。
入荷してから日にちが立つと、水切りして茎が短くなったり、茎が柔らかくなってきますので、ちょっと触ってみて柔らかいものはお勧めしません。

アルストロメリア

蕾の状態か、開花していても花粉が粉っぽくなっていないものが新鮮です。

ブルースター

開花しているお花がブルーと蕾でしたら新鮮です。変色して薄い紫色っぽくなっていると日にちが立っていることがあります。

トルコキキョウ

もともと長持ちするお花ですが、花弁が変色や半透明になっていたり、しわしわになっているものは選ばないようにしてくださいね。

バースのフラワースクール 入荷したてのお花が並びます

まとめ

全体的にどのお花にも言えることは、新鮮なお花は花弁がシャキッとしているということです。そして花粉があるものは粉っぽくないものが新鮮なものです。
すぐには見分けがつかないかもしれませんが、以上のポイントに気を付けながらお花を購入してみてくださいね。
お花好きなあなたのお役に立てたならうれしいです。

FWJ神戸鈴蘭台校”Atelier June”を主宰しています。
現在は神戸市 鈴蘭台のアトリエにて、フレッシュフラワー(生花)に加え、プリザーブドフラワーアレンジメントのレッスンも開講。
2014年4月からは一般社団法人Flower Works Japan認定校としてイギリススタイルフレッシュフラワーとプリザーブドフラワーの資格コースを開講しています。

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top